2005年3月24日

メールとブラウザ環境を持ち歩く

 以前、ある人とチャットで「メール環境がUSBメモリにいれて持ち歩けたら…」なんて話していたことがあったのですが、ずばりの製品が発売されるようです。

□製品概要 パソコンのUSBポートに接続するだけで簡単にデータを記録できるUSBフラッシュメモリに、インターネットブラウザとメールソフトを内蔵した新しい分野の製品「Auto-run USBフラッシュメモリ UD-Internet」を発売致します。 本製品はパソコンに差し込むと、自動でソフトの選択画面が立ち上がるAuto-run(自動起動)機能を標準装備。ソフトはUSBに内蔵されているため、パソコンにインストールすることなくすぐにソフトを使うことができます※1。また、万一の紛失や盗難時に備えパスワードでロックする事も可能です。 もちろん、通常のUSBフラッシュメモリとしてデータの持ち運びなどの用途にもご使用いただけます※2。

 インターネット環境があれば、ウェブメールがあるから大丈夫と思っていたけど、いざ見るとなったら「そのサイトを探す→メールアドレスとパスワードの入力」という手順を踏まなければならない上に、レスポンスとインターフェイスの悪いウェブ上でメールを扱うというのがけっこう面倒くさかったりしました。
 しかしこの製品ならメールの環境やブラウザの環境を常に自分の使い慣れた環境で使うことが出来るので使い慣れると手放せなくなりそうです。ブラウザも今話題の「FireFox」です。

 そのうちUSBメモリ挿すのが面倒くさいってなりそうな気もしてきますが(笑)


 引越し先のページもある程度、60%ぐらい出来てきました。

http://www.klaxon.org/

 そちらにも同じものをエントリーしています。リンク踏んだらデザインぐたぐたなのでトップページ以外見ないでね(笑)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://klaxon.org/mt/mt-tb.cgi/12

コメント

いい情報をありがとうございます。

モバイルも持ち歩いていたけれど結構
邪魔だしメール管理大変だしで、最近は使用していませんでした。
欲しいなあこういうの。

■パルさま

コメントありがとうございます。

そうなんですよ。
外出先でモバイルPC使って作業する人ならともかく、一般の人ならメール見るぐらいしかないですからこれで充分ですよね。
使い分けをせずに同一の環境でメールやインターネットができるというのがすばらしいと思います。

これだけに限らず他の良く使うアプリケーションをこうして持ち歩けるようになるといいですよね。

コメントする