2007年4月10日

祖母の訃報、北海道行 その3

実は今日が、今の会社にきちんと出勤するのが一応最後の日。で、残業中。
レセプト直前でシステムのバージョンアップを敢行を判断した俺のミス(笑)
しばらく残務整理とかで出勤なのであんまり最後の雰囲気はまだない(^^;;;

では続き。

2月17日(土)早朝~深夜

AM5時に出航して、苫小牧到着はAM0時予定。20時間ずーっと船の上。
昔、フェリーで北海道に帰っていたころは片道30時間かかっていたので、それに比べるとかなり時間短縮されている。
かといっても20時間船の中は十分退屈なもの。

出航直後に寝てAM9時過ぎに目が覚める。5時間ほどの睡眠。
こんな暇な時間なんだからもっと長い間寝てりゃいいのに、この時間に目が覚めてしまった。
二等船室の固い床だからそんなもんか。

とりあえずは船内を散策。確か去年就航した新造船、まだ見ぬ船内(笑)
といっても新しい船で構造は新しくなってても存在する設備は大して変わらない。
今まで見たことなかったのがマッサージルームぐらいか。10分100円のマッサージ機が置いてあるだけ。
プロムナードから外を見ても水平線のみ。しかも塩で窓が汚いので見る気もしない。
ゲームコーナーは相変わらず難易度設定が妙に高いビデオゲームとメダルゲームだけ。20年以上前から変んない(笑)
マージャンゲームでちょっと遊んだら敵は6、7巡でリーチ、そのまま一発ツモ。
ゲームオーバー、やってられっか。3分も遊べないのかよ。
後ろでどっかのおっちゃんがスロットゲームをバンバン叩いているし(笑)

仕方なく船室に戻って持ってきた小説を読む。
以前通勤時とかに読んでた司馬遼太郎の本。
第3巻の途中まで読んでそれからほったらかしていたのだが…。
以前から間が開きすぎて内容があんまり思い出せなくなっていたorz
すまん、松陰先生。そのうちにもう一度最初から読み直します。

世に棲む日日〈1〉
世に棲む日日〈1〉司馬 遼太郎

おすすめ平均
stars幕末、激動の長州藩を紐解く本
stars長州における高杉晋作人気の理由
stars明快な人物像、奔流のような歴史
stars侍の定義は公のためにつくすものである
stars日本の政治のルーツが見える作品です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次はいわゆるニンテンドーDS。
実は翌日18日が母親の誕生日である。
以前からゲームボーイでよくテトリスとか麻雀で遊んでいたので、誕生日プレゼントとして数日前にあげたもの。
母親がそれを持ってきていたのである。ナイス判断。
しかしソフトは一本。「大人の常識力トレーニングDS」。
結構面白いでないの。いろんな問題に一喜一憂。
しかししばらくは遊んでいたものの、じきに飽きてやめる(笑)。
ほかのソフトも探してやればよかった。

あとは昼にカップラーメンを食べたり、持ち込んだ焼酎やビールを飲んだり。
そして酔っ払ってうつらうつらしてたり。
晩飯もレストランに行かず持ち込んだおにぎりとかを食べたり。
昔から船内のレストランは高いのに大してうまくない。なのでこうやって持ち込み。
船旅に慣れた人はほとんどカップラーメン。シーズンなら給湯室に列ができる(笑)

そうこうしてるうちに苫小牧へ。ほぼ定刻どおり、たいしたもんである。
車でフェリーから降りる。カーナビをセット。あと140km…orz
路肩に雪があるぐらいで路面は…ちょっと危なっかしいかも。
高速道路に乗れば逆にきちんと凍結防止剤が撒いてあるから安心できるのだが。

とりあえず路面におどおどしながら小樽方面に向かって出発したのでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://klaxon.org/mt/mt-tb.cgi/285

コメント

ちょっと渡したいものがあるんだが、ゴールデンウィークの予定はどう?

今日は会社に置いていた自転車を取りにいった。
大阪から明石まで乗って帰ってきた。
6時間掛かったorz
始終向かい風だったのでえらく体力消耗しますた。

■やすのり
すまん、見落としていた(^ー^;
みくし経由で連絡入れるのでヨロ。

コメントする