2008年7月23日

【モ】原材料名:水道水

『ほんまや』

福島区役所で何気なく100円出して買ったペットボトルの水。原材料名を見て笑った(^_^;
大阪市水道局が売り出し中らしい。
事務所に戻って蛇口ひねったらいくらでも出てくるもんを100円払ってしまった。100円分の水道料金でどれだけ飲めるねん(笑)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://klaxon.org/mt/mt-tb.cgi/372

コメント

日本は(他国に比べると)水に恵まれた国だそうです。
日本に残された、そして人間にとってもっとも重要な資源が水ですので、おや誰か来たようだ

林野庁がどうのこうのというのはさておき、掘ってしまえば終わりな地下資源とは異なり、山や森林が貴重な水を生み出すのでありますから、ここはひとつ100年200年といったスパンで森林や山、川、海についての行政を

…今日も暑いですね(´д`;)
これ、偽装じゃないだろうねw

■タイタン

ほんま、あつはなついなー。

>日本は(他国に比べると)水に恵まれた国だそうです。

もしかしたら、わりとそゆ意味で水が潤沢な日本だから、あえて高度浄水処理水が希少価値があ以下略

>これ、偽装じゃないだろうねw

とある会議室。
横一列に並んだテーブルに、汗を拭きながら俯き加減で並んでいる親父たち。
その表情をテレビカメラで捕らえつつ、冷たい目線で眺めているマスコミ。
照明が親父たちを照らし、脂ぎった顔の照りが一層増す。

真ん中の親父がちらと腕時計を覗き込んだ直後におもむろに立ち上がり、低いつぶやくような声で話し出した。

「この度はペットボトルにて発売した水に、他の水を加えることで、内容が100%でないにもかかわらず、そのように銘打って販売したことをお詫び申し上げます」

マスコミは即座に噛み付く。
「なぜそんなことをしたんですか!」
「これ以上信頼を貶めてどうするんですか!」
「いったい何を混ぜて偽装したんですか!」

親父はさらに一段頭を落とし、マスコミの問いに答えた。
「どうしても臭いが抜けませんでした。これでは誰も買ってくれないので、市民や上層部への期待にこたえるために、他から持ってきたものを混ぜて出荷してしまいました。混ぜたものは程近い有名な山麓の水や酒郷の水を運んでまいりました」

マスコミ。
「というと、あの有名な?」

親父。
「はい、申し訳ございませんでした」

テレビでこの様子を見ていた人たちはこう思った。
「だったら美味しくなるんだからいいんじゃね?」

数カ月後、水道水と有名ミネラルウォーターのコラボ商品として新たに発売されたのだった。

そしてその頃、スーパーでは買い物客が同じ値段で発売されている外国産や、100%国産のものを選択していたのであった。

…みたいな感じ?(笑)

ちなみに味はただの水です。
旨くも無く不味くも無く、特に臭いとかも無いです。
ミネラルウォーターと並べられても区別できない自信はあります(笑)
どこでどういう経由できたかはともかく、ただの水だって。
この暑いさなかに、のどが潤せたらええねん(笑)

コメントする