2010年2月28日

書いて心の整理を。

今日は神戸の職場では慰安旅行だったらしいです。
いつも3月頃に出かけているのですが、今回は日程を知ったのは10日ほど前。
そして以前と違って事前に予定を聞いていたのではなく、メールで「スタッフとして参加しますか?」と。入れてやってもいいけど?というかんじですか(笑)
それまでそれなりに顔を出してたはずなんだけどねぇ(笑)。改めて自分は外部の人間扱いだったんだなと再認識。
事前に聞いていたら予定も空けれるけど、おかげさまで大阪でばっちり仕事の予定が入っておりました(笑)。しかも今日はその仕事が急遽予定変更となったので、あれこれと自分の用事を片付けようかなと(^^;

とりあえず以前の記事からおよそ2ヶ月です。
もっちゃんに雪ちゃん、コメントありがとうございました、また飲みに行こうね(^^)。そして直接メールくれた人にも感謝してます。
今から思うと12月はほんと病んでたんですが(笑)、あの記事を書いた後に少し落ち着きました。こうやって表出することで楽になるんだな気づきました。ブログやってて良かったと思ってます。アカウントとか消さなくてよかった(笑)

まだ一人でいるときに不安定な気分であったり、仕事中に動悸や呼吸困難などの症状が目に見えて出てることもありますが(笑)、12月に比べると遥かにましな感じです。

どうでもいいけど、こういう時の呼吸困難って、ほんとに呼吸が苦しいけど体が問題なく動かせる。喘息持ちの経験から言うと、喘息の場合は体も動かせないので、そのへんが違いますね(^^;

これまでの間ブログはしばらく書かなかったけど暫くツイッターでつぶやいていました。何かを表出することで気持ちが楽になると言うのを以前のブログ記事を書いた事で改めて気づいたので、その場としてツイッターを利用していました。人とコミュニケーションが取れてるということはやっぱりいいですねー。みんな始めたらいいのに。klaxon75 コメントくれたら招待状も出しますよ

あのブログの記事からあと、少し落ち着きを取り戻したので(笑)、あれから自分の落胆や怒り、考えていたこと、これからの事などいろいろ頭の中でまとめていました。
今回は出来る限り自分の気持を切り替えるためにも吐露してしまって楽になろうかと思います。そしてまたこれまでどおりブログも更新していけたらと思ってます、これについて書きたいなーってのは日頃結構あるんだけどね、なんせ気力が(笑)

今回のきっかけとなったことを...。

これまで神戸の仕事をメインのつもりにしていたのですが、それだけの収入では食べていくことが難しいので、以前の勤め先の方の紹介で、大阪でアルバイトをしています。
そして神戸へは仕事の足場がきちんとできてから、腰を据えるつもりにしていました。
しかし大阪の仕事も2年以上続けていると、だんだん仕事のボリュームも増えてきて、信用もしていただくようになり、仕事を依頼してくださる方も増えてきました。
しかし、あくまでも神戸で食えないから始めたアルバイトのつもりにしていたのに、土日の出勤も増え、両方の仕事のバランスを取ることが難しくなりつつあり(現に去年夏以降は結構難しかった)、このままでは身動きが取れなくなるなと危機感を覚えていました。

先の「神戸での仕事の足場」について、自分が想定していたことを少し具体的にいうと、あるプロジェクト(事業体系の移行)が完了し、その開始した事業が、私が常勤としての働いた人件費が含まれても問題なく回ることがわかったら、自分も一所員として神戸に腰を据えられる、と考えていました。
そのプロジェクトをきちんと成功させるにはするべきことが大変多いので、綿密に考えて実行しなければならないと私は考えておりました。
そして本当なら、実はそのプロジェクトは去年の4月からすでに動いているはずでした。しかしこれまでちょっと触れただけでほぼ放置のまま4月を迎えていました。

私が神戸で仕事を始めるようになって感じていたのは、とにかく職場として目標や予定を立てるということがまったく出来無いところ。私が関わるようになってからも、予定や目標の重要性を言ってきたつもりでしたが、その度「そうですね」となるだけ。それについて考えるつもりもないようなので手伝うにも手伝えない。
そして中心となって動いている人物は基本的に人のアドバイスは受け付ずに目先のことで右往左往して、結局目前の仕事を大慌てでしたり、中途半端な企画で仕事を進めて挙句ポシャってしまう、ということを繰り返している。関わってくださる方と話をしていても、このまま空中分解するんではないかと心配されているほど。

そして本当は運営が開始されているべき去年の4月を過ぎても、少しづつでも事業移行の準備に取り掛かる気配さえはありませんでした。
私は先の危機感から、来年度の4月の事業移行プロジェクトについてのスケジュールとタスク管理のツールの準備について提案しました。これが去年の6,7月だったと思います。しかしもともと歩みが遅いのは目にみえているので余裕を持ってプロジェクトを進行したいのでその提案をしたものの、どうも反応が薄い。
しかしそんなことも言ってられないタイミングと考えていたので半分尻をたたく様にタスクを整理するためにブレインストーミングに参加させたり、いろいろ内容について聞いたりしておりました。しかし彼らは少し参加しては自分の仕事にそそくさと戻ったり、話しあっても意見の言ってくれるわけでもなし、聞いても返事もしなかったり、相変わらず反応は薄い。作成したタスクの案などを確認のために渡していても見たのか見て無いのか、そのあたりにぽんと置いてあったり。別に今回に限らず普段からこのような傾向があるので、ある意味いつも通りなんですが、社会人としての態度ではないし、以前にも注意したこともあるのですが、改善されるわけもなく、またこれかと諦めていますが正直心良いものではありません。彼らが忙しいからと私が、言う点もありましたが、職員一丸となって進めてると言う感じはさらさらなく私がほとんど一方的にしているようなかんじでした。

これらのツールを作ること、プロジェクトの準備そのものをすることを否定されているのかと私の中で不安と不信感が募っていきます。頑張ってプロジェクトを進めなくてはという気持ちとそのような事に嫌気が指している自分があるのも正直認めます。そして夏以降、大阪の仕事も忙しくなりだしそれらの作成になかなか携われなくなり、その思いはより強くなっていました。両方の仕事に追われながら、そんな不安を持ちながらも心の平衡を保つように努力しました。

そしてようやくスケジュールとタスク管理表ができたのはずいぶん経って11月でした。これがあれば実際の運用に役たつはずだし理事たちへの説明にも利用できます。完成が遅くなってしまって申し訳ないと思いながらも、どうにか必死で取り組めば無事に事業移行できるかと言うタイミングのスケジュール。理事たちへはこのスケジュールとタスク管理表で説明を行い、特に突っ込まれることなく後は運用だけとなりました。しかしそんな中で気になったのは私が完成させるまでの間に、たとえスケジュールがなくとも彼らが事業移行のための作業をすこしでも行った様子を見られなかったこと。

そしてタスクの管理表を運用しての最初の打ち合わせ。どうせ彼らで動かないのなら私が声を掛けるしかありません。仕事の合間をぬって声をかけて、集まってもらってスケジュールとタスク管理表に基づいて、いろいろこれまでのように腹に抱えていたこともありながらも打ち合わせを始めました。しかしまた始まりました。打ち合わせの話には乗ってこない、提案もしない、こちらの提案に対して返事もしない。様子はいつも通りです。
タイミングとしてその事案について決めないとまったく先のことが考えるのが難しい状態で切羽詰っているはずとわかっていると思っていたのですが、そこまで徹底してるとは思いませんでした(笑)。

そしていままで積もり積もった事もあり、とうとう自分の中で張り詰めていたものが切れてしまいました。

一人で不安に思いながらもニコニコしながらツールを作って、4月に向けて張り切っていたのがバカみたいです。

そこから私はプロジェクトには関わってません。

自分で書いていて客観的にガキっぽいなと思う点もあります。
それでも、人から見ればちっぽけながらもプライドを持って仕事をしてました。
他所様から見てもつまらないスケジュール表やタスク管理表にしても私にとってはちっぽけなプライドを持って作ったものです。

そして私は先のブログ記事のような状態に。
プライドをもってした仕事を否定されたこと考えると落胆と怒りが込み上げてきて平穏でいられない。
どうにかしようと人とコミュニケーションを取ってみようとしたり、どうにか平静を保って仕事をしようとしてましたけど心身ともに酷いもんでした。

そしてあまりいないと言っても、信用して相談できる人がいくらかはいるので、それらの人にこの話をしてみました。
みんなが口を揃えて「辞めた方がいい」と。うちにおいでと言ってくれる人も。これは自分の中にもこれまで持っていた気持ちではある。しかしこれまでやって来たところなので、まだ頑張ってやっていきたいと言う気持ちもある。そしてそれなりに楽しい職場なので仲良くやっていきたいと言うのも正直な気持ち。このとき、まだ思いは複雑でした。

あれから今年に入ってから彼らだけでぼちぼちと進めている感じでした。聞いてしまうと自分の気分が怒りと落胆で乱れるので意図的に耳に入れないようにし、出勤する日もできるだけ減らすようにしています。ツールはきちんと運用はせず「スケジュールが遅れています」という説明に使っているようです。

そして私はブログを書いてから一ヶ月、気分も大分落ち着いた後にあることを、もう一人の職員に話をしました。当人は自分の気分の問題もあって伝えるつもりにはなれません。たたでさえ体調がおかしくなってるのになにがおこるやら。
そして私はこれらを伝える事によって、その結果で今後のことを決めようとも考えていました。
もうこの時点である程度の選択肢は出来ていました。

まず「あんなことがあった以上手伝うのは難しい」ということ。これはあの日以降言っていなかったこと今回改めて。「プライドを踏みにじるけど仕事は手伝って欲しい」と言うのはありえない話。
そして彼らだけでプロジェクトもそれなりに進むかもしれない。また移行に関しても人員の都合があるので私が頭数で必要であるのは判っている。仲良く仕事して行きたいというのも嘘ではない。「君らだけで移行できても、自分のいる場所を準備してもらってまで居る気はない」。

大まかには、この二つを伝えた。それが2月の最初。
それから私が自分の今後を判断する一ヶ月の猶予期間となった。
その内容がどう伝わったのかはわからない。

しかし当人は自分らだけで仕事をすすめると言う判断となったようです。

ある結末になってくれたらと言う淡い期待もありましたが、これで私のプライドも結局ズタボロ、最後の首の皮も切れてしまいました(笑)
それなりに楽しい職場ではあるんで仲良く仕事して行きたいと思っていたんですけどね、彼らの判断なので仕方がないです。
もし、あくまでも自分のペースで仕事がしたかったのなら、私が悪かったと謝ろうと思ってます。勝手にスケジュール作成やタスク管理のことを進めてしまったのですから。
先日は「それ聞いちゃったらやばくない?」ってことを県に問い合せたりしてるのが気になりますが、それも当人たちが選んだ道であるならあえて私が口を挟むこともしません。

一つだけ言うなら、自分らだけで仕事を進めることに決め、当初自分らが使うことを否定したツールを使ってるならそれは辞めて欲しいんだけどね(^^;。これは私が給料もらいながら作ったツールだからお願いになるんだけど、なんなら本当に給料も返上したいぐらいの気持ちだし。

一応、今後のこともある程度考えたりしてるのですが、ちょっとのんびりして気分を落ち着けたいですね。しかし生活があるのでどうしたもんやら(笑)

これだけ書くとほんと気分も楽になりました。
なんか取り留めなくまとまってないのはいつも通りやね(笑)
またこれからのことが考えたらブログ更新しますね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://klaxon.org/mt/mt-tb.cgi/387

コメント

どうもご無沙汰していますm(__)m
色々と気苦労が絶えない日々を過ごされているようですなぁ。
体調不良な所はそのストレスからくるものが原因のような気も・・・(-_-;)
ツイッターの方は毎日チェックさせてもらってますよ。
今は中崎町にある別会社へ出向してるので、あまり発言は出来ませんけどね。

ブログを更新してると客観的に過去の自分を振り返れたり、コメントから良いヒントが見つかるかもしれませんね。
ブログ更新楽しみにしております。
また落ち着いたら飲みに行きましょう!ヾ(*^▽゜) byebye!!

あのね~
愚痴は重要。
ひとりで抱え込むといいことないのさ~
人に言って解決はできないのかも知れないけど、
それでも整理できたりいろいろするから。
なにより気分が楽。

じゃぁ初夏の頃にでも久しぶりにやりますか?

と、いうか早くしないとあの店なくなるんだよね…(>_

色々お疲れ様。
もさーんの言うとおり愚痴を言うことは必要だと思うよ。
私も病気になって痛感してます。
下らないことでも嫁さんに聞いてもらうだけで随分楽になるしね(早く…)。
ツイッターでも何でもいいから愚痴れ、いつでも聞くからw

コメントする