2010年12月16日

今年も終わりさぁ。その3

あと何回書くことになるのだろうか。
しかし親父の件は今一番吐き出したいことなので、書く。
足元に絡みつくようだ。

■親父のこと。その2 チャーリー・コーセイ
親父が搬送された当日は二人病院にいても仕方が無いので自分は帰宅。しかし緊急でなにかあってはいけないとのことで、連絡先などは伝える。
結局3日ほどICUにいた。しかしその後も状態が安定したわけではないので常に看護の目がある救急病棟にしばらく居ることになる。
自分たちも病院に通うことになるのだが、母親は車で通いなれれない道は行きたくないというので、合間を見て車で病院へ向かう道筋を横に乗って教え、その後はしばらく必要な物を取りに行くぐらいでしばらく病院に詰める状態に。自分も母親に負担をかけないようするつもりでこまめに顔を出す。
このときの親父は不安定でしばらく会話も難しく、普通病棟へ移るのに2週間ぐらいかかった。

普通病棟に移るまで、そして移ってからも大変であった。暴言を吐いたり、暴れたりして点滴ができないとのことで病院から呼び出されたり、ベッドから出ようとして若干拘束されたりしている。
このあたりで神経科の先生も出てきていろいろ安定剤を出されたりしていたが、肝臓の状態も悪いので薬の効きが安定せず幻覚を見て看護師さん叩いたりする始末。
看護師さんからこのような状態の時の話を聴くたびに、頭を下げるが「仕事ですから(^^)」と応える看護師さんを白衣の天使とはよく言ったものである。
しばらく寝たきりであった。立てる状態でもない。以前ほど暴れたりとかはしなくなったが、家に帰るだの、ベッドから出ようとするだの自分たちや看護師さんに言い続けている時期で、ベッドの下に徘徊感知器を敷かれ、ベッドから降りようとするとナースコールがなるという。そしてサイドレールも外せないようにひもで縛られる。

そしてしばらくするとヨタヨタしながらも立てるようになったらしい。そして1,2度歩行器を使い少し歩いたそうであるが、その後すぐ立てなくなる。
腰の痛みを訴え、寝ていても痛い状態となり、さらには足に痛みが痛み出す。あまりに痛がるのでレントゲンなどいろいろ検査をしてもらうと、今度は化膿性脊椎炎が発症していた。よくは分からないが酒の飲み過ぎ→肝臓が悪くなることでいろいろと悪循環を起こし、脊椎にウミが溜まったようである。

これを気に糖尿内科から整形外科に担当医が変更となる。
そこでこれをどう手術するかと話している間、検査を行うと心臓が弱っている、肺に水が溜まっているとで手術もしばらく見送られた。消化器系以外はほとんど悪いんじゃないかという状態。
しばらく投薬で心肺とも落ち着くのを待ってようやく手術を行った。

この手術の直前、親父の兄弟、私から見れば伯父さんと叔父さんが北海道から見舞いにやってきた。心肺が弱っているので会話も難しく酸素マスクをつけた状態。意識も弱い。少しづつ良くはなってるものの、たまたま来た時がその状態。伯父もほろっと涙する。その状態が帰った伯父たちから兄弟親戚にその状態が伝わったらしい。結構北海道の親戚一同大事だったらしい。

脊椎を削って、中の膿を取り出す手術が実施された。場所が場所だけに慎重に手術したと担当の先生。手術が終わったあとも2週間の安静。親父は動けず。その間に不穏になり点滴を抜くなどの暴挙に出る。先生方や看護師さんにまた迷惑をかける。こちらも申し訳ない気持ちで一杯。



...自分自身が薬が効いてきて眠くなってきた。また明日以降続きかきます。
とりあえず退院後の話があって、そして今週私が仕事する間もなく落ち込むってところまでは書き切ります(笑)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://klaxon.org/mt/mt-tb.cgi/391

コメントする