2005年3月24日

紫の炎・浪漫

鹿児島、山元酒造。紫芋を利用したアントシアニン豊富な焼酎とのこと。これはヒット!香りは抜群、お湯割りに負けない濃厚な味わい。弱点は値段だけorz

2005年4月 3日

赤霧島♪

 長いこと稼動してなかったデジカメの動作確認。なんか液晶が暗いです。ああ、画面にへんなマークがついてる…なんだバッテリー切れか('・ω・`)

akakirishima.JPG

 んで撮るものは酒かよ、自分らしいけどヾ(´∇`)ノ。先週、某ねぇさんのおかげで赤霧島を定価でゲット。ありがとうございました~m(__)m。既にあちこちで値段が釣りあがりつつあるのでめっちゃありがたいです。

2005年5月19日

幻の焼酎「青酎」

aochu.jpg
 八丈島の南をさらに約70kmにある人口200人程度の小さな島「青ヶ島」、そこで作られる「青酎」という「幻の焼酎」として「有名」な焼酎である(笑)。NHKの番組をきっかけに有名に。こんなニュースがあったぐらいです。

 そんな焼酎だから飲んだ人のレポートのページなんか沢山あるので情報には困りません、幻なのに(笑)。話によると島の10人いる(6人と記載のサイトもあり)生産者それぞれで作っていて、それぞれ味にばらつきがあるらしいのである意味買うのも楽しみな焼酎であるかも。

 初めて飲んだのは今年の初めに行ったオフ会でのカラオケ屋。カラオケ屋なのに焼酎の品揃えが結構豊富な店で、そこのお品書きに噂には聞いていた「青酎」があったのでとりあえず注文してみました。
 飲んでみると芋の香りとコクが非常に強い焼酎で、好きな人にはたまらない香りですが、最近の飲みやすい焼酎がいいと言う人や、焼酎の香りが嫌いという人は顔を近づけることも出来ないかも(笑)。一度飲んだらきっと忘れない味です。その日飲んだいろんな焼酎の中でも一番インパクトのあるものでした。個人的にはかなり好みな味です。

 で、幻のはずなのに以前から地元の酒屋さんでも売っていました。が、定価?の2倍以上の値段がついていたので躊躇していましたが、最近行ってみると比較的適正な価格で売っていたので、今がチャンスとばかりに買ってみました。ちなみに親に飲ませると、お袋には味、香りが強すぎてダメ、古くからの焼酎フリークの親父は「昔の焼酎はみんなこんな感じだった」らしい。

 画像のものは35度(30度の物もあり)と強いのでまずは水割りで試してみるといいかも。ロックにするなら細かい氷でロックにしてみるといいかもしれないです。

2005年6月11日

特蒸 泰明

うまい麦焼酎見つけました。辛いだけの麦焼酎が多い中、コクがしっかりしていて、味わって飲むことができます。あの『兼八』にも負けてない。取り扱い店が少なかったのでポストレア焼酎?

2005年12月23日

つくし黒

某スーパーでなぜか一本だけ残ってたのでゲット。ポストレア焼酎と言われてるようです。美味しかったです、飲み干しました(^o^)

コメント

きょうらっぱがblogするはずだった。

2006年1月 8日

霧島

霧島のスタンダード、通称『白霧島』。黒霧島、赤霧島ならこの辺りでも買えるがあまりコレはあまり見掛けません。ロックでかなりの辛口を楽しむのもいいが、お湯割りまったり飲むも良し。

コメント

良し辺りとかをロックしなかった。

2006年1月28日

黒霧島

CMでお馴染?黒霧島。あんまり見掛けない半升ビン。関西じゃスタンダードかな。寒かったのでお湯割り。

コメント

男は


やっぱり焼き芋焼酎ですな。


暇になったら例のバーに…

■もん

>焼き芋

 えー、そんなミーハーな。
最近テレビで話題になったそうで、他の営業所の人から買える店とか聞かれたよ。
「鬼火」でよかったら買える店知ってるけど。
「黒瀬」「諸白」は見かけたことありません。

でも飲んだこと無いので興味はあるよ、是非行こう。出来れば2月キボンヌ(笑)

きょうらっぱは霧島にスタンダードへblogー!
きょうらっぱは、スタンダードをblogされた!

2006年2月 4日

ダバダ火振

珍しい栗焼酎。近くのお店で定価で手にはいるようになったので我が家のローテーション入り。独特のまろやかさがイカす、どんな飲み方でもいける美味い焼酎です。

黒さそり

ダバダが空いたので次ー。ラベルの見た目で買った麦焼酎。駄目だ、アルコール感強すぎ。ロックで十分薄まったら飲める。

明るい農村

子供の頃、こんなNHKの番組ありましたよね。美味いけどこれといった特長無し。良く言えばバランスが取れてる?プレミアム扱いされてるけどそこまで評価できません。

コメント

きのうらっぱが、NHKと扱いすればよかった?
きょうは評価するはずだった。

2006年2月18日

赤江

赤霧島でお馴染の紫芋『ムラサキマサリ』を使った焼酎。香り良し。お湯割りで飲むとかめ仕込みの独特のクセに評価が割れそうだが、ロックだとそのクセがいい方に転びます。

コメント

きょうは、くらくしょんで赤がロックしたかも。
くらくしょんが評価するはずだったの。
霧島へ馴染みたいなロックしたの?

大きい仕込みと、赤霧島や、焼酎など使った
らっぱは、霧島で赤霧島をロックしたかったの♪

2006年3月 4日

霧島ゴールドラベル

通称『金霧島』。大雑把に評すると赤霧島を薄めたような。度数は20度。どんな飲み方でもすっきり飲めます。eriねぇが『水』と言うてたなぁ(笑)。

コメント

水やったやろ?

くらくしょんたちが、赤霧島とか大雑把などをBLOGしなかったの?

らっぱがblogしなかったよ。
くらくしょんとblogしなかった。

きょうくらくしょんの、通称blogするつもりだった?
霧島までくらくしょんと霧島までblogしなかった?
霧島までblogした?

■eriねぇ

>水やったやろ?

 いいえ、そんなことござぁせんことですよ。
普通にいただきました。それ以上の感想もありませんが(笑)

2006年5月20日

隠し蔵の三悪人

王手門酒造。以前ある鉄板焼屋ではまった麦焼酎。そこでエライ高かったので直接購入。割ってなおガツンとくる辛さが最高!

コメント

らっぱがここへくらくしょんで鉄板焼に購入したの?
そこでここにくらくしょんがここへくらくしょんは王手みたいな購入されたみたい…
そこでここへ購入しなかったー。
そこでらっぱはくらくしょんは購入する?

2006年5月22日

新美淡麗『海』

大海酒造。垂水温泉水『寿鶴』で割った芋焼酎。特段感想のない=否の打ちどころのない逸品。冷やしてストレートで飲むと最高に美味い。残念ながら入手困難(T_T)

コメント

あーたが、ぜんっっっっっっぜん
ヒマになりそうもないから
飲み会が出来ないだわさ。

■餅屋

 私を捕まえるには事前にこの日に行くぜ!と決めてかかることです。
そうすると酒が飲みたくて必死な私はその日を空けようとできる限りの努力をいたしますですよ。

じゃ、来週。

■もち

 書くなら時間とか場所とか具体的に書きなよ~。

え?いきますか師匠?
じゃじゃじゃ
地下鉄三宮8時で。

■もちん

 苦しゅうない、では手配いたせ。

2006年5月29日

超不阿羅王

『ちょうふぁらお』。甘味のある紅寿芋使用らしい。甘味、辛味がそれぞれ感じられるのが面白い。お湯割りにしたら香りも立って尚良し。ちなみにeriねぇの評価は最悪(笑)

2006年6月27日

くじらのボトル

こないだの『海』と同じ水が自慢の酒造会社。ごくスタンダードで飲みやすい。海と比べるとちょっと荒い感じ。

2006年9月 6日

福岡の研醸株式会社。今まで飲んだ麦焼酎の中で一番美味いと思った逸品。この香ばしさが素晴らしい。店で飲んだら高いのでお取り寄せ(笑) 40度あるのでロックで好みの濃さまで氷を溶かして飲むのが善し。

コメント

らっぱは、香ばし麦焼酎など飲んだら
福岡と、逸品とか、善し好みとかをロックしなかった?